株式トレードって最近ご無沙汰だった私です。これはダメですね。いったんしっかり巻き直しで勉強を始めておりますが、過去に利用していた証券会社が亡くなりました。IDO証券です。芸能人を利用した広告宣伝など派手でしたが結局は廃業?社名変更しました。

 

さて、私がIDO証券を利用していたのはQUICKTRADER(クイックトレーダー)が利用できたからです。株式トレードベテランの皆さんも初心者の皆さんもこのQUICKTRADERは利用していますか。証券会社のツールではなくQUICK社のチャートソフトです。これがあれば完璧な分析が私は出来ますから銘柄選定に有効的でしたよ。

 

【QUICKTRADERが使える証券会社】

  • ひろぎんウツミ屋証券
  • 松井証券
  • マネックス証券

※2012年5月1日現在

※※QUICKTRADERの名称がそのまま利用されていません。オリジナル名称ですが機能はQUICKTRADERです。

 

【QUICKTRADERの特徴】

銘柄登録

気になる株式銘柄を1ページ10銘柄、最大20ページまで登録できます。表示パターンは6種類の中から自由に選択できます。リスト形式を選択すれば、2ページ分、最大20銘柄を同時に監視できます。

 

銘柄個別情報  

株式銘柄の情報を、決算期・売買単位などの「基本情報」、PER・PBR・時価総額などの「指標」、「証金・信用残」、「業績(本決)」、「業績(連決)」の5つの画面で提供しています。

 

先物・オプション情報

日経平均先物(mini取引を含む)、日経300先物、TOPIX先物、日経225オプションを見やすい一覧形式で提供しています。

 

チャート

メインチャートとともに、最大9種類のテクニカルチャートをご覧いただけます。パラメータが自由に設定できるほか、数値読取り、転換点表示、トレンドライン描画、対数表示などのツール類も充実しています。お気に入りのツールは、ツールバーに登録すればワンクリックで呼び出せます。

 

ニュース・市況情報  

投資判断に役立つニュースや市況情報(新高値、新安値など)を、メイン画面上で株価とともに監視できます。

インデックス 注目する指数や先物、ドル/円レートなどを最大6つまで常時監視用に登録・表示できます。

マーケットビュー 各種周辺情報が、専用メニューから簡単に問い合わせできます。

 

マネックス証券の資料請求してみましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

*

最新の記事一覧

ページ上部に