東京証券取引所が東証株価指数(TOPIX)と並ぶ株価指数を年内にも新設。なんだかな。独自すぎてわかりにくいって話もあるのですが、また東証1部に上場している企業の中から一部の銘柄を抜粋して(高い利益を上げている上位300~500社の銘柄)、その時価総額の増減幅を指数化。

 

 

私的にはTOPIXで良いのではって思うのですよね。確かに全体の動きよりも専門性を持たせた指数もありだとは思うけど、私は移動平均線に注目して売買をするのでそんなに他の指数は関係ないのですよね。

 

 

東証が新しい指数を見せることで新しい株式トレード方法が見つかるので国内外から新たな投資を呼び込むことが出来るみたいですね。

 

 

【新指数】
資本金をどれだけ効率よく使っているかを示す自己資本利益率(ROE)と呼ばれる経営データをもとに対象銘柄を選ぶ。東証によると、ROEを基準に株価指数を作るのは、世界の主要市場で初めて。今年7月に東証と大阪証券取引所の現物株を取引する市場が統合されるため、新指数を目玉にしたい考えで、年内にスタートすれば、指数の新設としては44年ぶり。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

*

最新の記事一覧

ページ上部に