景気の基調判断は「着実に持ち直してきているが、なお自律性は弱く、失業率が高水準にあるなど厳しい状況にある」とし、「着実に」を加えるなど従来の「持ち直し」の表現。

上方修正は2009年7月以来8カ月ぶりですわ。さて私の投資信託は、、、、、

が~ん。寂しいままです。ほんま寂しいですわ。
何とかね!

株式トレードも良いけど、今は着実に儲かる事を見つけたい私です!

【政府会見】
「国内民間需要の自律的な回復の芽が出つつある」と評価
 主要項目では、個人消費など5項目で判断を上方修正した。5項目の上方修正も昨年7月以来。ただ、アジア向けの輸出やエコカー減税などの政策効果に依存する構造に変化はなく、本格的な景気回復にはまだ時間がかかりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

*

最新の記事一覧

ページ上部に